不動産をコンビニ化した軒先.com

PPS_niwanohuurin-thumb-815xauto-12973

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

不動産投資家のためのサイトに 軒先.com 

があります。

 

家やお店の軒先が、収益化でき、ちょっとした空きスペースを貸し出す人と、それを借りたい人とのマッチングサービスを提供しています。不動産投資家が注目したいのは、スペースを貸すということです。

 

そんな場所、誰が使うのかと思うかもしれません。しかし、フードの移動販売や企業の販促活動など用途は豊富にあり、個人でも手作り雑貨の販売や日曜だけの英会話教室など、空きスペースを探している人が世の中には大勢います。

 

そこに目を付けた西浦社長はすごいですね。空きスペースの有効活用、軒先を使わせてもらい人と軒先を貸したい人のマッチングビジネス。言われてみれば当たり前のことのように見えてしまう事ですが、話を聞くと、こんなビジネスがあったのか、と思えてしまいます。

 

例えば、お店のトイレや、書店の壁といったスペースまでもが賃貸されます。つまり軒先.comは、不動産をコンビニ化するというか、小さく切り売りする発想をビジネスにしたのです。

 

誰も難しくて、手を出せなかった不動産というものを簡略化することに成功しました。日常生活の中で当たり前の出来事や不満要素に”なぜだろう”と疑問を持ちビジネスに繋げました。

 

軒先.comは、不動産投資のネタ探しにも非常に役に立ちます。スペースがある物件を持っているなら、最近流行りのairbnbも含め、検討してみるのもおもしろいです。








よろしければシェアお願いします。