お金が殖えるのはどっち?:株式投資編

スクリーンショット-2014-12-25-17_43_28

( この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です )

お金が殖えるのはどっちでしょうか?

ビックトゥモローで掲載してたので、シェアします。みなさん試しにやってみてください。

 

株式投資編

○外国人投資家は株を「売り」。日本人は「買い」殺到。どうする?

A:日本人に合わせて「買い」

B:外国人に合わせて「売り」

答え:

日本株式市場で、より 大きなシェアを握っているのは日本人投資家 ではなく、ファンドをはじめとする外国人投資家。だから、こちらの方が市場を動かす力も強いのでBが正解です。

 

私の意見:

これは、良く分かります。外国人がどれだけ、売っているか、買っているかで左右されます。しかし、最近の日本の投資家は、完全に外国人投資家の逆を行っている状態。

 

しかも、B・N・Fさんのような個人投資家が日経平均100円以上引き上げられる時代です。GPIFも下がったら購入するため、今の状況は必ずしも、当てはまらないかもしれません。

 

○高配当の人気株を持っているが下落中。どうするべきか?

A:配当がいいので保有する

B:すぐに売ってほかに買う

答え:

業績が悪くても高配当を続ける企業もあるので注意。いくら配当があっても、株価が下がれば損になる。だから売買の判断材料はあくまでも株価で、配当はオマケ程度と考える正解はB

私の意見:

これはどうでしょうか。高配当株は下値を抑えられますし、高配当なら、長期投資しても良いように思います。これはあくまでもプロの意見ですので、個人投資家は必ずしも真似しなくても良いのです。個人投資家はプロみたいにノルマはないため、じっくりと構えていきたいものです。

 

ここで、ウォーレン・バフェットの名言を

金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。
【ルール1】絶対にお金を損しないこと。
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。








よろしければシェアお願いします。