信頼の法則をシェア

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

信頼の法則を学びましたので、シェアします。

 

人から信頼してもらえると感じた瞬間は、生きてるなと感じるものです。

14の信頼される法則。

1、信頼はシフトする

信頼はシフトをする。紹介される人間になる。紹介された仕事は、ほぼ成立する。

2、正直である

正直な人を人は信頼する。

3、自分との共通点が多々ある

例えば、故郷が一緒でも信頼し合える。まったく、日本人がいないところ。日本人も見るだけで、それだけで信頼が生まれる。趣味等の共通点があると信頼する。

4、自分より少し先にいっている

25%先に進化している人を信頼する。同じような境遇で、自分よりも、少し先をいっている。ああなれるかもしれない。

5、権威がある

なんとか委員長、社長、本の出版とか。

6、権威がなくとも権威と関わっている

それだけで人は信頼する。その道の第1分野の秘書とか。

7、細かいところまで具体的である

なにかあったときに、細かいところまで説明できる。

8、歴史が話せる

なにかの事柄についての歴史が話せる。奥行感を感じさせることができる。そうすると人は信頼する。

9、データが話せる

より具体的な裏付けがはなせる。

10、自信がないところを褒める、理解する

11、罪悪感を取り除いてくれた場合、人は信頼する

12、自分で納得がいくまで調べたものを人は、信頼する

13、自分以上に自分のことを理解してくれたという瞬間に人は信頼する

14、体験したものを人は信頼する

ご参考になったのであれば、幸いです。








よろしければシェアお願いします。