節税するなら小規模企業共済

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

小規模企業共済とは、国が作った「経営者のための退職金制度」です。これはすごい制度です。起業したら、税金との戦いです。利益がでたら、節税を意識しなければなりません。

 

この制度は、退職金の積立額を所得から全額控除できるので、衝撃的な節税が可能になります。驚くことにこの低金利のご時世に、共済金掛金の利率は1%という高金利での運用が予定されています。

 

平成25年までの過去9年間の運用実績は平均2.05%というファンドマネージャー顔負けのハイパフォーマンスでした。経済産業省の外郭団体が運営する退職金制度です。

 

節税額は、だいたい

年収1,000万円の人で年間367,000円(3.67%) 

年収600万円の人で年間255,600円(4.26%) 

年収200万円の人で年間129,400円(6.47%) 

もの節税が可能です。

 

制度内容は、

商業(卸売業・小売業)、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)を営む場合は、常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主または会社の役員でしたら、この制度を使えます。

 

また、個人事業主が営む事業の経営に携わる共同経営者(個人事業主1人につき2人まで)となっており、1事業につき2人まで大丈夫です。(平成27年7月調べ)

税理士さんと相談してみましょう。








よろしければシェアお願いします。