富裕層の「出国税」きょう導入 海外移住に徴税の網

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

出国税”とは簡単に言うと、外国に居住地を移す場合に課される税金のことです。アメリカやヨーロッパではすでに導入されていて、今日から日本でも導入されます。

 

国内に居住していた人が海外に移住する場合、株式やその他の有価証券、未決済のデリバティブ取引といった金融資産に対し、転出時に譲渡・決済したものとみなして含み益に課税する、というものです。

 

例えば、時価2億円の株式を保有している人が海外に移住する場合、実際には売却していなくても、20%のキャピタルゲイン課税を納めなければならない、ということです。

 

キャピタルゲインが非課税の香港やシンガポールに移住することでの、富裕層の“資産フライト”を阻止しよう、というわけですね。

 

対象は、国外転出日前の10年以内に、国内に住所や居所を有していた期間が5年超で、時価1億円以上の金融資産を持っていること。 

 

また、転出後5年を経過する日までに帰国し、その間、資産を所有し続けていた場合は、この課税を取り消すことはできます。

 

困ったこと、

1、海外でビジネス展開しようとする人たちを萎縮させることになる。

2、移住先によっては、現地で資産を売却すると、キャピタルゲイン課税が発生することもある。等

 

防衛策 例

1、資産を全部ドルに替える。

2、居住どころか日本国籍そのものを捨てる。

3、子供に外国籍を取らせることで、将来の相続に備える。等

 

これからは、この手のセミナーは多くなるでしょう。したたかな税金には、したたかな防衛策をしましょう!

 








よろしければシェアお願いします。