法人化する最大のメリットは?

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

個人と法人の違いについてご説明しましたが、法人化の最大のメリットとは何でしょう?

それは、所得の分散と給与所得控除です。個人の場合でも、青色事業専従者給与として、配偶者にお給料を払うことができますが、他でお勤めしていると払えないなど、色々と制約が厳しいのが実情です。しかし、法人で物件を所有すれば、家賃収入を得て利益が発生するのは法人です。そして、家族にその法人の役員になってもらって、仕事をしてもらえば、法人で発生した利益を、役員報酬として支払うことができます。さらに給与所得控除があります。

例えば法人で300万円の利益が出ていると、法人税は約73万円発生します。しかし、この300万円を、他に所得のない役員3人にそれぞれ100万円ずつ役員報酬として支払えば、全体の税金は約10万円になります。なぜこれほど節税できるのかというと、所得が分散されることによって、それぞれの税率が低くなるからなんですね。

 








よろしければシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>