非線引き地域の注意点

ライフプラン

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

築8年の良い戸建投資物件が見つかりました。

場所は得意とする地方です。やはり、交通費等経費が助かります。

問題は、非線引き地域と値段。利回りは8%でした。(低いですねぇ~)

非線引地域とは、市街化区域でも、市街化調整区域でもない、つまり線がひかれていな

い地域です。

そのぶん、土地値はかなり安いです。さっそく市役所に聞き込みしました。

  1. 固定資産税評価額はいくらか→本人にしか教えてくれませんが、ダメもとで聞きました。(しかし、やはりダメでした!)
  2. この地域の固定資産税額及び公示地価→いくらくらいかが買値で売値かを調べます。

納税通知書を不動産屋に送ってもらいました。

この地域の詳細も市役所に聞きました。

購入する前に市役所の方に聞くのは、なにかと良いです。

ここの非線引地域、これから市街化調整区域にも市街化区域にもなりません。

都市計画による換地になることもありません。

そして、建築確認もいらない地域で、なんでも建てられます。

再建築もできます。農地でなければ、売買もできます。

そして、路線価がないことから、固定資産税評価が相続の基本となります。

それにしても、利回り12パーセント以上の物件を探すのって、とても大変ですね。

しかし、買いたいときが買い時なので、物件がでるのを待っててもしょうがいないので

一歩を踏み出しましょう!








よろしければシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>