高級車を大破するほどの損失から学んだこと

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

1、損切りを恐れてはいけない。 絶対に。

株式投資を記事に書くときは、必ずこのことを書きたいという思いがありました。

株価が急激にのぼり始めたら、すぐに降りる準備をしてください。2012年末からのアベノミクスで株価が急上昇しました。

稼いでいて、すっかり調子に乗っていました。忘れもしない2013年5月23日、1,000円以上の下げ幅を記録しました。

戻るだろう、戻るだろうと思ってしまいました。いや、戻ってくれということが本音だったと思います。暴落は、さらなる暴落を生みます。

僕は、その後、3日で高級車を大破するほどの損失を記録し、震えながらすべての銘柄の損切りを終えました。

今までの利益をすべて飛ばしました。 損切が早ければ、ここまでの負けはなかったと思います。 損はあったけど、大損はしなかったと思います。

 2、損切りするたびに成功に近づく。焦らず、チャンスは無限にある。

株で成功されている方、皆言っています。損切りするたびに成功へ近づく。これからまだまだ、株価の上昇局面がやっていきます。

必ず、自分のマイナスの許容範囲を決め、損切りを積極的にしてください。みなさんに僕と同じ経験をしてほしくないのです。

私達、個人投資家は、機関投資家のようにノルマがあるわけではありません。必ず勝てる局面のみエントリーすればよいのです。








よろしければシェアお願いします。