平成27年(2015年)住民基本台帳人口移動報告

PAK55_sansyainskytreeshinjyuku_TP_V1

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

%e7%84%a1%e9%a1%8cjpeg1

こんには     ジャンプです。

久しぶりに、せどりの話ではなく、
不動産投資のお話しを。

私は、この住民基本台帳人口移動報告
を重宝しています。

人口減で不動産投資は、これからは、やるなと
言っている方もいらっしゃいますが、

人がどこに集まるかのデータを見れば、
逆に人口が増えている都市があるわけです。

日本は、数十年先は8000万人ぐらいの人口に
なりますが、ドイツの人口は現在
8000万人ぐらいなので、
日本の人口減少問題については、あまり
悲観していません。

将来は一人身の老人が増えるので、
そういった方への住居空間提供を
行えばよいわけです。

どこに人が集まり、国はこれから国土を
どのようにしていくかを見ていくだけで、
勝てる不動産投資家になれます。

今は、利回りが低下しており、
購入したい物件は見当たりませんが、
こうのような時は、ひたすらに
キャッシュをためる時です。

経済には波があります。
歴史を見ても、再び買い時が
来るのは明らかです。

また、
紙幣もいつ無効化になるかわかりませんので、
実物不動産が一番良い資産である
という考えはかわりません。

日本は過去に預金封鎖をした国で
あるということを忘れてはいけません。

とにかく、初心者の方は、焦って
不動産を買わないようにしましょう。

それとも、現金で不動産を購入して、実績を
作り、いざという時に銀行から
借りれるようにしておきましょう!
↓↓
住民基本台帳人口移動報告








よろしければシェアお願いします。