日米の金融政策比較

( この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です )

日本の投資家として、
国内の金融政策を理解
することは不可欠です。

これに加えて、
多くの企業業績に
影響を与える円ドル相場への
理解も求められます。

為替レートは様々な要因
で変動するため、
特定の情報に注目
するだけでは不十分です。

しかし、
特にしっかりと
注目すべき情報もあります。

それは、
アメリカの金融政策です。
日米の金利差から、
円ドル相場は大きな影響を受けるからです。

日銀の金融政策の特徴

まずは日銀の
金融政策の特徴を把握します。
日銀は、黒田東彦総裁のもとで
サプライズ好きとの認識を持たれています。

かつては市場との対話が不十分との
批判を受けることも多かったのですが、

現在の日銀にはむしろ、
口先介入によって相場を
コントロールしようとする
意図が見られることがあります。

また、
インフレターゲット2%を
掲げて金融緩和を続けているのが現状です。

大胆な金融緩和として、
新たな緩和策を次々と打ち出しています。

積極的な緩和で景気を
刺激することは否定しませんが、
やや市場に踊らされているのでは
ないかと懸念しています。

FRBの金融政策の特徴

FRBは、
アメリカ経済の好調を反映して
緩やかながら利上げを進めています。

とはいえ、
リーマン・ショックを
引き起こした国であることから、
新興国経済などへの悪影響を

不安視しているといえます。
日銀の金融政策が大胆なのに対して、
現在のFRBは比較的慎重だといえます。

利上げの先送りを発表する場合でも、
あらかじめ講演などでイエレン議長が

利上げ先送りを示唆するなど、
市場に大きなショックを
与えないようにする配慮が認められます。

金融政策の差による影響とは

大胆な日本に対し、
慎重なアメリカとなっている現在、
日米金利差は小さいといえます。

しかし、
金融緩和の出口が見えない日本に対し、
緩和モードから脱しつつある
アメリカの立場を踏まえると、
日米金利差は今後、
拡大していくと考えられます。

では、
日米金利差が拡大すると
どのような影響が出るのでしょうか。

金利差が拡大すれば、
円安ドル高が進むと考えられます。
金利の高い国の通貨が上昇する傾向があるからです。

こうなると、
日本人は海外資産に投資しづらくなります。
1ドル=100円程度になり、
輸出企業が円高に苦しんでいる間に、

ドル建てETFなどの海外資産に
積極投資しておくと良いのでは
ないかと思います。








よろしければシェアお願いします。