少額投資家にオススメな証券会社

( この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です )

投資を始めるにあたっては、
証券会社で口座を開くことが第一歩です。

しかし、証券会社は野村証券や大和証券
といった店舗型証券会社のほか、SBI証券や

マネックス証券などのインターネット証券会社まで
幅広く存在します。

では、投資初心者が少額投資をするのに
適している証券会社はどこなのでしょうか。

超少額投資なら松井証券

まず、超少額投資なら、松井証券がオススメです。
松井証券はオンライン証券の大手5社に数えられる
証券会社であり、信頼性もあるといえます。


松井証券では、1日当たりの売買金額が10万円以下であれば、
手数料が一切発生しません。

株式の個別銘柄でも10万円以下で買える銘柄が多数あるほか、
ETF(上場投資信託)なら数千円程度で
複数の国の株式に投資することも可能です。

投資のリスクを下げるためには、
投資対象や投資タイミングを分散させることが大切です。

松井証券で手数料無料の範囲内で買い付けを行えば、
手数料という無駄を発生させることなく、
自然に投資タイミングを分散させることができます。

IPO(新規上場)株の取り引きもしたいならこの証券

株式会社の中には、上場企業と非上場企業があります。
証券会社を通じて売買できるのは、上場企業の株式です。

ただ、上場している企業は常に同じではなく、
上場廃止になったり、

逆に新たに上場したりする企業もあります。
新たに上場することをIPOといいます。

IPOを実施する企業は成長性が高いことが多いため、
株価が短期間で大きく上昇することがあります。

このIPO株を上場前に入手できれば、
大きな利益を狙えます。

ただし、IPO株はすべての証券会社で
取り扱っているわけではありません。
銘柄ごとに取り扱う証券会社がいくつかに限られています。

そして、ネット証券の中でIPO株
の取り扱いに力を入れているのが
SMBC日興、マネックス、SBI証券です。

そのため、IPO株への投資を検討しているなら、
この3社の証券会社を利用してみてはいかがでしょうか。

また、SBI証券はネット証券最大手であり、
手数料の面でもリーズナブルになっています。
1回あたり10万円までの売買なら手数料は税込み160円です。

少額投資の場合は手数料を軽視できないだけに、
手数料が安く設定されている点は魅力的ですね。

少額投資なら店舗型証券よりネット証券を使おう

少額投資を始める際には、
投資リスクを不安に感じ、

店舗型証券で相談しながら
投資をしたいと考えるかもしれません。

しかし、投資資金が少額なのであれば、
初心者には難しい先物取引などに手を出さない限り、
損失額は限られています。

むしろ、店舗型証券で少額の株式を売買すると、
手数料の割合が高くなってしまいます。

インターネット証券でもネットを通じて多
くの経済情報が得られるので、
まずは手数料の安さを重視して証券会社を選んでみましょう








よろしければシェアお願いします。