+106万8千円

bd1c23d03730c5a074495635b3ca98e8

( この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です )

ずっと持っていたダブルインバースを今日利確しました。
2~3か月間もっていたような気がします。
次は、ブルの買いのタイミングも見計らっていきたいところです。

日銀の金融緩和が100兆円規模 ETF買入3倍とありますが、
イギリスのEU離脱かどうかの選挙が終わるまで、
16日の会合では動かないと思っています。

アメリカは、今月の雇用統計の悪化もあり、利上げしないと思います。
イギリスが離脱すれば、大荒れになり、円高、株安は避けられません。
そうなると、リーマンショックのような状態になると思っています。

瞬間反発はすると思いますが、
このようなトラップには引っかからないように
したいです。

どちらにしろ日銀と政府はイギリスの選挙をみた後に動くと考えます。
離脱なら、波乱が少し収まったころ、

「ほらリーマンショック級が起こっただろ」
財政出動10兆円規模やるよ、金融緩和 長期国債100兆円やるよ、
ETF3兆⇒9兆円円買うよ、
となると思います。

また、離脱しなくとも、世界経済が下落していることに
日経平均も引っ張られているため、
上記のことはいずれやると考えます。

黒田総裁の任期は2018年なので、その後の日銀総裁は、
この後始末が大変です。
中央銀行が9兆円規模の株を買うと、日本株最大の買手となり、
もはや公正な株式市場でなくなります。
欧米より何年か遅れて行った超金融緩和の処理の仕方は
誰もわかりません。

さて、ジョージ・ソロスが動き出しました。
ジョージ・ソロスはアベノミクスの初動の時に、
浜田参与に接触してきました。
そして、アベノミクスでも大勝しました。

今回、動いたということは、もう何かの情報を握っているはずです。
イギリス政府とEUの高官から本物の情報を握っていることでしょう。

こういった情報を握るためのお金は惜しまず、
こういった方々に投資しているのです。

ポンドのショートか?
ドルのショートか?

すでに勝ちは決まっているのでしょう。

ちなみに、円高、デフレ化では、
しまむら、価格.com 、ニトリのような
円高でもあんまり関係のない業界が儲かると思います。








よろしければシェアお願いします。