なんで英語がしゃべれない?

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

このグローバルの世界で英語がしゃべれないのは、
日本の学校教育の責任にしていましたが、
どうやらそうではないみたいです。

僕は、日本人が英語をしゃべれるとビジネス上で、
活躍してしまうため、日本を占領したGHQが、
あえてしゃべれないような教育方針にしたと思っていました。

しかし、最近、超有名なブロガーの記事でもあったように、
どうやら少し違うみたいです。

ちなみに、フィリピン人はほぼ、英語が話せます。
フィリピン人に出来ることが日本にできないわけはないです。

その気になれば、日本人全員が英語ペラペラになれる
英語教育をすることはできるのです。

しかし、たくさんの日本人が英語を話せないほうが、
優秀な日本人人材の海外へ流出を防ぐことができます。

また、外国人の日本進出を防ぐことができるという意図があるからなのです。
日本語による海外参入障壁は、かなり高く、これが、内需を守っています。
そして、日本語で商売をするのは外人にはとても難しいです。

フィリピンのように、英語教育に力を入れた国は逆に、外資系企業に搾取されています。

日本語しか話せない教育にしたのは、
優秀な官僚が、優秀な日本人の海外流出を防ぐための
防衛策だったというわけです。

これが現在の世界3位の経済大国の地位を守りました。








よろしければシェアお願いします。