太陽光発電の本当の勝者がわかった

ppp_haretahinokumototaiyou500

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

以前に太陽光発電事業の記事をいくつか書きましたが、
少し恥ずかしく思います。本当の勝者がわかったからです。

つまり、本当の勝者は、IDの取得者です。
土地の何円権利を取得した人です。

そして、
IDはどんな人でもインターネットでとることができます。
これは、つまり他人の土地でも申請できてしまうのです。

経済産業省も土地の持ち主かどうかは、
問わないということです。

なので、制度ができた最初にインターネットで、
申請できそうな、他人の土地を探し、
できるだけ、たくさん申請した人が本当の勝者です。

開発しないと取り消されるという報道がありましたが、
これもうまくすり抜けることもできます。

そして、
申請したIDは高値で転売できるのは言うまでもありません。
それが、悪いことかというとそうでもなく、

本業は太陽光ではありませんが、転売がうまくいき、
上場準備を始めた会社もあるほどです。

国も関東大震災以来爆発的に、
再生可能エネルギーを増やしたかったため、

ある意味での黙認です。
しかし、民主党政権内にできたものであるため、
自民党がよく思っていないのも事実です。

金融機関も最近は融資を渋っています。








よろしければシェアお願いします。