「世界的な大富豪が人生で大切にしてきた60」を読んで。

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

ジム・ロジャーズの世界的な大富豪が人生で大切にしてきた60のことを読みました。

印象に残っていることをいくつか紹介します。

「北米に投資するならアメリカよりカナダ」
アメリカは巨額の債務を抱えいるが、カナダは資源が豊富。
たくさんのアジア人が移住しているバンクーバーは、将来は現在のニューヨークになる可能性を秘めている。

「MBAを取りに行くなら、農業学を専攻すべき」
農業学、鉱山学といった学問がMBAよりも大切になってくる。不動産買うなら農園のほうがいい。

「贅沢を愛するパートナーは選ばない」
行き当たりばったりで浪費するような女性をパートナーと選んだ場合は、落とし穴につながる。

「アメリカはすべての弾丸を撃ち尽くしている」
国債の債務不履行ということになれば、アメリカは未曽有のインフレに見舞われる。
そのときに直面する問題は、2008年の金融危機よりさらに深刻。

ジム・ロジャーズは、子供への教育にはお金を惜しみません。そのために、シンガポールに移住し、英語と中国語を学ばせています。

また、水不足による水ビジネスや、食を生み出す農業ビジネスはこれから急成長するとも言っています。

世界的に有名な大富豪の意見は参考になります。








よろしければシェアお願いします。