IOTの時代

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

IOT(インターネットオブシングス)とは、モノとモノ、ヒトとヒト、モノとヒトがインターネットでつながることを言います。

 

これによって、暮らしやビジネスが根本から変わろうとしています。そして、まだ初期段階のため、ビジネスチャンスも広がっています。

 

第1次産業革命は蒸気機関、第2次は電気、第3次はコンピュータの利用が革命の引き金となりました。今回はIOTが革命の引き金を引くことになります。

 

例えば、アメリカのウーバーは、インターネットを通じて、人とモノをつなげ、車の貸し借りを可能にしました。もちろん、日本でも数年後、有料で、個人同士の車の貸し借りは、普通になると思います。

 

ソフトバンクもペッパーくんを開発し、都市銀行にはすでに受付係として配置されています。ロボットと人がつながります。

 

不動産投資家がIOTを活用できるとすれば、Airbnbです。部屋を個人同士で貸し借りできるようになりました。スペースでは、軒先どっと.comです。

 

時代は、IOTへ突入しようとしています。








よろしければシェアお願いします。