世界初 フィンランド 全国民に月額約11万円

SUN71_kaigainodaigaku1031-thumb-815xauto-16451

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

フィンランドが、全国民に、月額約11万円のベーシックインカムを支給する検討をはじめました。2016年11月までに決定される見通しで、決まれば、世界で初です。

 

ちなみに、ベーシックインカムとは、すべての個人に、生活に最低限必要な所得を無条件に給付するという社会政策です。しかし、すべての社会福祉の支給を停止します。

 

政府は、制度を一本化することにより、間接的な費用の支出を抑えるためです。

 

特徴は、以下の2点です。

・社会保険など従来の所得保障制度が何らかの受給資格を設けているのに対し、これは無条件で給付する。

・生活保護などは世帯単位の給付制度であることが多いが、こちらは個人単位を原則とする

 

フィンランドのGDPの伸び率は実質ゼロです。フィンランド人の約70%が支持しています。オランダの都市ユトレヒトも実施予定です。

 

ある程度成功すれば、GDPが伸びなくなった、将来の日本も生活保護や社会保障をやめて、これにならうでしょう。








よろしければシェアお願いします。