コンビニ本部の儲かる仕組み③

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

場所が抜群に当たって、儲かったとしても、安心できません。本部のドミナント戦略が待ち受けています。

 

ドミナントとは「支配的な・優勢な」といった意味で、エリアを特定して集中的に出店することです。本来チェーン店の出店戦略で、地域独占を図ることで、商品などの配送効率や本部指導員の巡回効率を上げるための戦略です。

 

ライバル店の出店の意欲をそぐなどの効果がありますが、ライバル店というのは、加盟店も含まれており、普通に直営店を近く出されてしまいます。

 

ちなみに、訴えても加盟店側が勝訴した事例は、本部の甘い売上予測で開店し、損益分岐点に充たなかったケースくらいしかありません。多くは、鉄壁の契約条件には抗えません。

 

友人で某コンビニの本部に採用されましたが、3年くらいで辞めました。本当に仕事が面白いのは、役員以上の人達なんでしょう。莫大な資金を動かせるわけですから。

 

お手上げです。








よろしければシェアお願いします。