路線価

( この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です )

不動産投資で土地の評価を出すのは、何㎡×路線価です。路線価を早く見つけるには、 全国地価マップのが早く、正確に見つけられますので、活用しましょう。

 

路線課価値の種類には、固定資産税路線価と相続税路線価があります。固定資産税路線価は、固定資産税を徴収する県、市が定めています。相続税路線価は国が定めています。不動産投資家はこの相続税路線価をみます。

 

銀行や不動産鑑定士が相続税路線価で土地の評価をだしているからです。
なぜ、それぞれの行政がそれぞれの税金に対する路線価を儲けているかは、余裕がある人は調べてみるのも面白いかもしれません。

 

路線価を調べているとわからないこともでてきます。例えば、不動産ポータルサイトで、良い物件を見つけて、これを調べようとしても住所の末端がでて調べられない場合があります。

 

これには理由があります。
売主さんや、近所の人にわからないようにするため。誰かがちょくちょく来たら、近所迷惑だからです。

 

また、売主さんに仲介を頼んでいる不動産屋は自分でお客さんを見つけたいのです。(仲介手数料がもらえるため)別の不動産屋さんから横やりが入る可能性を恐れているためです。

 

その場合、その土地の周りの平均的な数値を入れるか、もしくは一番低い数値を入れておけば間違いないです。

 

○相続税路線価が複数ある場合は、どちらの路線価を採用すべきか?
路線価の大きい方を選びます。 だいたい、道路が太い方です。一番大きな路線価を適応します。
二方向でも、三方向でも、四方向でも関係ありません。

 

○相続税路線価がない場合は?
相続税路線価がでていない場所は、固定資産税評価額に国税局長が定める倍率を乗じて計算した金額によって評価しますが、初心者の方はあまり対象にしないほうが良いかもしれません。銀行評価があまりでないためです。

 

○路線価の末尾のアルファベットは?
路線価の数字単位が千円単位です。アルファベットは、不動産投資には関係ありません。 アルファベットは別の意味でこれは借地権割合のことです。

 

その土地が借地であった場合、土地の持ち主と土地の借主の権利の割合がどうかということです。 権利の割合がどうか、このアルファベットに隠されています。借地でなければ、関係ありません。 アルファベットは気にしないのがよいですね。








よろしければシェアお願いします。