これからは、借主負担DIYの賃貸借が流行る

リビングルーム

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

今日は、NHKでDIY型賃貸が特集されていました。DIYとは、(Do it yourself)の略で借主が自分自身でリフォームやカスタマイズを行うということです。


・貸主は原則として、入居前や入居中の修繕義務を負わない(主要な構造部分は貸主が修繕)
・借主が自己負担で修繕や模様替えを行う
・その箇所については退去時に原状回復義務を負わない
・賃料は市場相場よりも安く設定される

※住宅に不具合はなく現状のまま使える「現状有姿」の場合に比べ、最初から故障や不具合など修繕を要する箇所がある「一部要修繕」の場合は、賃料はさらに引き下げて設定される→これは、しょうがないですよね。しかし賃料が安く設定されるのは、大家にとっては非常に痛いことですが、空き家で、これからずっと住んでもらえるのなら良いかもしれません。

DIY型の貸主のメリットは、当然、自己負担や手間をかけずに貸せること、DIYを行った借主が長期間する可能性が高く安定収入を期待できること、退去時にDIYでレベルアップした状態で戻ることなどです。

一方、借主のメリットは、持ち家のように自分の好みで模様替えができること、自己負担を加味した安い賃料で借りられること、工夫次第で自己負担の額を下げられること、DIYした箇所を前の状態に戻す義務がないことなどです。

国も考えましたね、これで、戸建賃貸事情も大きく変わってきそうですね。

↓国土交通省住宅局住宅総合整備課が発行したPDFです。
DIY賃貸についてよくわかります。ご参考までに↓

個人住宅の賃貸活用ガイドブック








よろしければシェアお願いします。