サラリーマンが痴漢冤罪から身を守るたったひとつの方法

d90c854023f9b9a769969765a2b66918-680x300

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

痴漢と間違われることを恐れて満員電車では必ず両手を上げる、そんな中高年男性は多いです。しかしどんなに注意しても、もし疑われてしまったらどうでしょうか。

 

そんな人のために発売され、話題を呼んでいるのが、通称、痴漢冤罪保険、です。 この保険には、痴漢冤罪ヘルプコールというものがついています。

 

男性が痴漢を疑われたとき、携帯電話やスマートフォンにあらかじめ登録しておけば、事件発生時に画面のボタンを押すだけで、登録弁護士の携帯電話やスマートフォンにメールが一斉発信され、弁護士と電話で相談できるという仕組みです。

 

月額590円払えば、事件発生後48時間以内に限り、弁護士の相談料、接見費用は無料です。 痴漢容疑で逮捕されると、検察に送致されるまでの警察署での48時間が決め手です。このとき警察に対して取る対応によって、裁判にならずに済むかどうかが決まります。

 

たとえばここで一部分だけでも認めてしまうと、あとでひっくり返すのは難しくなります。「結果的に手が当たってしまったのかも?」というような譲歩した言い方も危険です。

 

冤罪なら警察に言質を取られるような物言いをしないよう、弁護士と早急に相談する必要があります。 実際に対応が早かったことで、起訴を免れたケースもあるといいます。

 

では、保険に入っておらず、あなたが電車に乗っている際、「この人、痴漢です!」と突然手を掴まれたら、どうすべきでしょうか? 複数の弁護士に一致したファーストチョイスは、「逃げる」ことです。それでもダメなら示談金でしょう。

 

冤罪でも裁判になったら99%負けるそうです。生きづらい世の中になりましたね~。








よろしければシェアお願いします。