自動車所有は割に合わない?

TouchLab_27905_1

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

世界の生産台数8400万台のうち、日本メーカーの生産台数は3割にのぼっています。

 

トヨタは2009年3月期から2013年3月期まで5年間、法人税を納めていなかったことで世間を驚かせました。それは、リーマンショック後の影響で2009年3月期に出した赤字分の繰り延べと各種減税措置によるものです。

 

儲かるには理由があるわけです。

 

一方で、自動車所有者の費用負担は、とても高いです。新車1台を税抜き価格180万で購入し12年間使用した場合。約204万で、車両本体価格を上回る負担です。

 

自動車は数万点からなる部品の集合体です。原価は販売価格の20%~25%、販売管理費45%~50%が上乗せされて、70%~75%で販売店に卸されます。

 

若者の自動車離れが叫ばれるのがわかります。








よろしければシェアお願いします。