テレビ局の利益率はハンパがない。

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

安倍首相が、選挙の時に、イヤホンを外し、聞こえないふりして、コメンテーターの意見に答えろよ!っと思ったことは有名ですが、なぜ、政権に対してまともな批判ができないのでしょうか?

 

それは、儲けの構造があるからです。

 

そもそも電波料金はオークション制度です。テレビ局に電波放送を独占させるのを辞めさせようと、オークション制にしようと、民主党政権時代にオークション制に閣議決定しました。

 

しかし、2012年末、自民党の安倍政権はオークション制を取りやめました。

 

在京キー局は、大新聞の子会社です。かつて新聞大手は、東京の一等地にある国有地を国からものすごい安くしてもらっており、そこを本社にした経緯があります。

 

よって、その子会社であるテレビ局は、とても安い電波料金で自民党に便宜を図ってもらっていて、今があるということなのです。よって飼い殺されているためです。

 

ちなみに、テレビ局が総務局に払っている、電波利用料は、売上のわずか8%です。ありえない利益率です。それは自民党ありきの構造だったわけです。








よろしければシェアお願いします。