コインランドリーは副業に向いているか?

topAdvantage-150x150

( この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です )

コインランドリーが増えています。現在は、約1万6千店に達しています。コインランドリーはイギリスで生まれです。アメリカでコイン式全自動洗濯機が開発されて全米に普及しました。

 

全米で普及したものは、日本でも何年後かに普及します。M&A専門で、企業を急速に育てて、高値で売り抜ける専門の集団も、仕入れはアメリカです。

 

デメリットも実はかなりあります。

 

洗濯機の初期投資が大きいです。利益を得るまでには長い時間がかかり、儲からないと言われています。洗濯機や乾燥機を1台10万円として1回200円ほどの料金を取り、毎日数人ずつ利用したとしても、最初の数年は赤字です。

 

雨が降るときは、儲かるのですが、それ以外の日は、客足は遠いです。布団を洗う大型洗濯機や大型乾燥機は新品で約200万円以上もします。最低限のメンテナンス、掃除が必要ですし、監視カメラなど防犯対策も必要です。

 

場所を借りているなら家賃を支払う必要があります。これが、かなり痛い経費です。100円玉を集めても家賃に消えてしまいます。

 

面倒なのはやはり保守点検で、機械の故障は毎日のようにチェックしなければなりません。 汚い物や危険な物も洗濯機に入れられます。 ポケットに入っていた金属が洗濯機を故障させることもあります。

 

女性の衣類が無くなったり汚されると、警察の対応をしなければいけません。

 

1店舗では安定の収入は無理ですが、複数のコインランドリーを経営して、成功されている人はいます。場所を間違えなければ毎日安定収入があります。掃除や点検もパートの人にお任せです。

 

というより場所選びがこのビジネスの全てなのです。








よろしければシェアお願いします。