原油価格43.46ドル割れた!

Fotolia_74880001_Subscription_Monthly_M-660x434

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

「ギリシャ発のユーロの信用不安」、「中国経済のバブル崩壊の兆候」、直近、原油などの資源相場が下落していまが、これは今後警戒が必要です。すでに資源国の優等生である オーストラリアやカナダまでもが、通貨を売られて通貨安になってます。

img_24631d9f398d43c7ae2e21c01ef9651313137
直近3年間の最高値は2013年9月の約110ドル、天井から底値を予測する相場の格言(半値八掛け二割引)半値(55ドル)、八掛け(44ドル)、二割引(35ドル)が底値のラインです。「八掛け」の44ドル近辺で底を打てば、上昇トレンドへと転換する目安となり、日本株のプラス材料です。

 

しかし、二割引(35ドル)」まで落ち込むと逆オイルショックへの突入。世界はパニック相場となり、しばらくは売り一色。日本株の暴落も避けられません。資源国発の信用不安が表面化して、世界経済に悪影響を与えるリスクがあります。

 

ちなみに、
1998年12月に10.72、2001年11月に17.45、2008年12月に33.87、2015年3月に43.46と底値のトレンドラインを線で引くと、上昇トレンドでしたが、43.46を割ったので、下落トレンドになりそうです。








よろしければシェアお願いします。