借金から身を守れ!ノンリコースとは

スクリーンショット-2015-01-14-09_06_077

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

ノンリコースローン(ノンリコ)という、借入があります。借金に対してリコース(残りの借金返せ)をしない、つまり踏み倒しです。

 

例えば、不動産を担保にして銀行から3000万円の借金をします。その後資金繰りが悪化して、借金の返済ができなくなったとします。不動産を売却しても、2000万円にしかならないとします。

 

この場合、銀行は、この担保を競売にかけるなどして売却します。しかし、2000万で落札されないかったとします。通常の借金の場合、残りの残債は個人や法人に対してリコース(残りの借金返せ)します。そして、借り手に返済義務が残ります。

 

しかし、ノンリコースローンの場合、残債はリコースされないため、法人、個人に借金は残りません。つまり、ノンリコースローンの場合、借金が返せなくなっても、担保している不動産さえ返せば、追加で返済の義務がなくなるということです。

 

zu31_04

しかし、不動産の収益性や、資産価値が、かなりでていなければいけなかったり、銀行がこのリスクに見合った収益を得るために、その分高い金利負担を求めてくるのは当然です。

 

ちなみに、ノンリコースでなくとも、連帯保証人ならず、法人のみの借入で、 法人を破産させて身を守るということもできます。連帯保証人にならなくてよい金融機関は探せばあります。

 

政策金融公庫、信用保証協会も保証人を取らない融資があります。ノンリコースは、数億単位なので、現実的には、政策金融公庫や、保証協会にあたるのが良いと思います。








よろしければシェアお願いします。