ロボット社会到来だ。私達は、何をすべきか。

( この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です )

ガイヤの夜明けを見て、ビックリしました、ハウステンボスの澤田さんが、テンボス内で、「変なホテル」というホテルを開業しました。

 

それは、ロボットが接客するホテルでした。「若い人がいなくなるため」とのこと、国内で成功おさめ、成功パックを海外に輸出するということです。ロボット関連の株のファナックの株価が急落しましたが、国も推し進めているロボット社会が到来することは、間違いないですね。

 

世界が、国が推し進めているような世界になるのは、間違いないことです。ロボットにも感情を生もうとしています。つまり、「こころ」を持つわけです。

 

ソフトバンクはロボットに感情を入れることに資金を投入しています。感情を持っているロボットは、あきられないからです。

 

こうなると、大変です。なくなる仕事も多いです。自分の仕事がロボットによって、なくならないか、真剣に考えてみてください。国が本気でやろうとしていることには、逆らえません。

 

そして、科学者は、ロボットが増えて、失業者が増えて、困るなんて考えていません。自分の知力の証明を追及するのが科学者です。

 

これからは、ロボットと共存する社会が到来することを考えなければなりません。ロボットに取られる仕事をしている人は要注意です。

 

私達、「人」にできることは、指揮、統制することです。この分野は、ロボットには絶対できません。








よろしければシェアお願いします。