Airbnbの法規制をかいくぐるには

airbnb-a8707ed9_original

( この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です )

airbnbを利益に変えるべく、追いかけています。調べれば、調べるほど、やはり規制緩和を早急にやるべきだと実感します。旅館業法がやはり、最大のネックかと思います。

 

この旅館業法との関連で、airbnbが本当に今後、拡大できるのか問われています。不動産投資家は、今後、どのように利益に変えていけば良いでしょうか。

 

宿泊料を受けて、人を宿泊させるには、旅館業の許可が必要です。airbnbを使って空き部屋をゲストに貸すことは、旅館業法で、OKがでない限り、違法となる可能性が高いです。

 

ちなみに、無許可で旅館業を営業した場合、「6ヶ月以下の懲役又は3万円以下の罰金」に処せられると規定されています。民宿などの簡易宿所の営業許可を取得する方法がありますが、容易に取得できるものではありません。簡易宿所の営業許可を取得するのは難しいです。

 

しかし、airbnbに関しては、摘発が行われたという話はあまり出てきていない状況です。法的にはかなりグレーな部分があることは確かです。しかし、行政がこの態度をいつまで続けるかはわかりません。

 

見せしめに、無許可で不特定多数の者を有償で自宅に宿泊させたとして、足立区在住の英国人が旅館業法違反で逮捕されたという件もありました。これから政府が進めている「国際戦略特区」で、airbnbのホストになることは適法です。あとは、反発しているのは既存の旅館・ホテル業界です。当然の対立です。

 

もしホストが旅館業法違反であるとなった場合、「旅館業法違反の幇助」にあたる可能性があるそうです。まだ、物件を持っていない人でairbnbをやりたい人は、「国際戦略特区」で戸建を土地値近くで買い、リフォームし、ホストになるのが、王道かと思います。

 

このグレーな部分を使い、稼いでいる人は、とても多くいるわけで、これからもairbnbを追いかけて、発信していきたいと思います。








よろしければシェアお願いします。